テレマークブーツもブーツチューンは必要です。

テレマークブーツもしっかりとシェル加工します。

前足動かすためには、後脚にしっかり体重が掛けられることが大切です。

つま先をどう使うかでターンの始動が決まります。

そしてカントの調整は、アルペンブーツよりシビアです。

足裏全体で立っているときのカント、つま先立ちで立っているときのカント、両方決まらないとしっかりとしたテレマーク姿勢は出来ません。

IMG_0161