魔法のインナー

【魔法のインナー】
それは「クリスピーダイナミックインナー」のことです。
何の変哲も無いインナーに見えますが、履いた人のみ解る魔法のインナーなのです。

何が違うのか?それは「かかとのホールド」の違いです。

かかとのホールドが良くなるとどうなるのか。

⒈スキーにおいては前傾姿勢が楽になります。

⒉スノーボードにおいてはフロントサイド(ツーサイド)が近くなります。


このような変化によるスキーヤー、スノーボーダーノー感覚は、

これは履いた人のみ解るのです


2020年1月御殿場インソール受注会のお知らせ

今朝も寒かったですね。
昨日は北関東の沼田でも10cmほどの積雪があったとニュースで見ました。
スキー場も昨日1日でオープン出来るのでは?と思わせるような景色に早変わりしていました。
11月、12月と休んでおりましたが、1月の「御殿場インソール受注会」の日程が決まりましたのでご連絡致します。

日時;1月19日(日) 患者さんの部>午前中、一般の部>14:00〜17:0

場所;御殿場フジ虎ノ門病院内運動施設「プラーナ地下1F」

募集;一般の部>5〜6名

お申込み方法;HPのお問い合わせ、FBのメッセージ、もしくは電話にてでんくらふとへ直接お申し込み下さい。

ここに来て一気に冷え込んで来ましたので12月に入ると続々とスキー場オープンのニュースが流れて来そうですね。
準備がまだの方々大急ぎで…‼️

カテゴリー: News

12月及び年末年始営業のお知らせ

今朝の散歩は手袋の中の指先が痛いぐらい冷え込んで漸く冬らしくなって来ました。
山からも雪の便りが届いて来ています。
そしてスキー場は降雪機がフルに働いてオープン準備に大童のようです。
でんくらふとも11/20〜11/26の間臨時休業させて頂きましたが、年末に向けてフル稼働で活動していております。
あとの残り1ヶ月、今年も良い年で越せるよう頑張りたいと思います。

【12月及び年末年始年始営業のお知らせ】

12月の定休日;12月4日(水)、12月11日(水)

年末年始の休み;12月31日(火)〜1月3日(金)

臨時休業日;1月5日(日)〜1月8日(水)

1月の定休日;1月15日(水)、21日(火)、22日(水)、29日(水)
2020年度より定休日を隔週2日休むとさせて頂きます。

本格的な冬の渡来です。そしてインフルエンザの時期になりました。皆さまお身体の方大切にご自愛下さい。


カテゴリー: News

通常営業致しております。

11月20日〜11月30日の予定で臨時休業でしたが、本日11月27日より営業を再開し通常営業致しております。
1週間お休み致しまして多くの方々にご迷惑をお掛け致しましたこと深くお詫び申し上げます。

来週から12月ですね。

あっという間に1年が過ぎて行きます。

今年も残り1ヶ月、少し平年より暖かく感じますが、今週末より寒波到来で一気に寒くなりそうです。

来週には山の方からは雪の便りが届くのではないでしょうか。

そうなると皆さまの気持ちは雪山にスイッチされますね。

今シーズンはどんなシーズンになるのでしょうね。

楽しく滑るには備えが必要ですね。

もうそろそろ準備に取り掛かっても良い時期ですね。

スタッドレスタイヤのように降ってからでは遅い、さぁ準備に取り掛かりましょう‼️

通常営業致しておりますが、年内中はご予約頂いた方々の業務に追われております。そして殆どの週末はご予約で埋まっております。
ご来店の際は電話にてご予約をお願い致します。突然ご来店頂いてもご予約で埋まっておりましたらご対応出来かねますので呉々も宜しくお願い致します。

カテゴリー: News

クリスピーダイナミックインナー入荷しました。



お待たせ致しておりました「クリスピーダイナミックインナー」が先週入荷致しました。
入荷時期の情報がはっきりしておりませんでしたので、ご予約を一旦中止しておりましたがご予約受付を再開致します。
サイズによっては完売になっておりますが、24.5〜27.5cm(1cmとび)に関しましては若干数ですがご予約をお受け出来ます。

以上、よろしくお願い致します。

カテゴリー: News

クリスピーインナー入荷予定が早まりました。



クリスピーインナーの入荷時期が1ヶ月早まり10月末となりました。
よって12月の予約受付を中止致しておりましたが、お受け出来るようになりましたことをご案内致します。

併せてクリスピーインナーのご予約もお受け致しております。
〈予約可能数〉.   24.5/1,   25.5/4,   26.5/2,    27.5/4,

今週末にてオーストラリア遠征組のブーツチューンが完了します。
よって8月より新規の受付(足形採取等)を開始致します。

クリスピーインナーの件、7月予約受付中止の件、併せてよろしくお願い致します。

カテゴリー: News

いよいよシーズンインです!!



久々のHP更新です。

今日、明日と日本全国異常な暑さになると予報が出ておりますが、こちらもすでに午前中から30℃を超える暑さとなっております。(熱中症には注意しましょうね。)

この暑い中ですが、FT Bootsの国内入荷日が決まって来ました。

さあ〜!!        いよいよシーズンインですね。

入荷予定は全てのサイズ及び機種ではありませんが、6月中旬から末にかけて入荷します。(店頭入荷)

さあ、入荷が始まると次はブーツチューンです。

ブーツチューンの段取りとしては、まずはオーストラリア、ニュージーランド遠征組を7月中に行い、次に一般のご予約をお受けしている方々の順に行いたいと思います。

7月から順調にいってくれれば、ブーツチューンの数を増やせるのですが、そうは問屋が卸さないのが常ですね。

そして例年同様今シーズンのK2JAPANの余剰在庫はありません。

昨シーズンの新機種アセンダントはこの時期に在庫無しとなっていたのは皆様も良くご存知のことだと思います。

でんくらふとでは70足ほど発注しておりますので大丈夫だとは思いますが、機種、サイズによってはショートする可能性はありますので早期のご予約をお願いしたいと思います。

ブーツチューンの年内予定数は昨年と変わりありません。(選手対応チューンの場合1週間に2名。スタンダードチューンの場合1週間に3名としております。)

この時期ですが、すでにブーツ(ブーツチューンを含む)のご予約を30名ほどお受け致しております。

昨年ですと9月に、このペースで行くとさらに早く予約を打ち切る可能性がありますので、今シーズンブーツ換えをお考えの方は早めにご連絡のほどよろしくお願い致します。

そして今現在のインソール作成の期間は2ヶ月となっております。合わせてよろしくお願い致します。

※ブーツチューン及びインソールの内容、価格等は4月1日より改定致しておりますのでブーツチューン、インソールのコーナーよりご確認下さい。

以上

 

 

 

 

カテゴリー: News

インソール及びブーツチューンの価格及び内容の改定



外は今までの暖かさから一変して、春の嵐がやって来ています。

今、年度末が終わり新年度が始まるに掛けて題記の作業を進めております。

何をどのように変えるのか?をここで簡略にご報告いたします。(詳細につきましては、Products>>Insole,Products>>Boots Tuneクリックして頂き専用ページをご覧下さい。)

検討内容(インソール編)
1、インソールの価格内訳の変更、今では石膏型を10000円として別に考えていましたが、全て含んだ価格として表示いたします。
<以前の一般用のインソールの場合、20000円(インソール代)+10000円(石膏型代)=30000円となっておりましたが、新年度より一般用のインソールは30000円となります。(インソール作成に掛かる時間(丸一日)を考慮するとそうせざるを得ません。もしスキー用のインソールと普段用のインソールをお求めの場合は、スキー用37000円+一般用30000円=67000円となります。>
2、インソール作成のための足型採取時の初期費用の設定、足型採取の時約1時間ほど細部に関してチェックしアドバイス致しております。この時間とアドバイスを費用を3000円とさせて頂きます。
<一般用のインソールをお求めの場合、初期費用3000円+30000円=33000円となります。>

検討内容(ブーツチューン編)
1、一般の方と選手対応とブーツチューンの内容を明確にしました。
今まではノーマルチューン、スタンダードチューン、スペシャルチューンの3種類となっておりましたが、一般向けのスタンダードチューンと選手対応のスペシャルチューンの2種類とします。(内容につきましては、Products>>Boots Tuneをご覧下さい。)
2、スキー愛好家が快適にスキーを行うには正直言ってスタンダードチューンも必要はないと考えます。快適なスキーを行うには《ストレスの無いブーツと適正なサイズ》そして《適正なアライメントの調整=インソール》及び《適正なブーツフィッティング》で十分です。
<ブーツフィッティングの内容は、インナー成形、カント調整等が含まれます。そして1年間の保障(部分当りに対しての調整)をお付けいたします。価格;15000円となります。>
3、スタンダードチューンとはどのような位置づけなのか?そして内容は?
まず、必要なのはどのような方々なのかと言いますと《ボリュームのある足の持ち主》要するにブーツで悩んで見える方々です。《パフォーマンスを向上させたい方》級を取りたい、モーグル的にコブ斜面を滑りたい、公式ではないが大会に出てみたいなど、
スキー技術の向上心のある方々です。
内容は、今までのスタンダードチューンの内容と同じです。但し先シーズンまで行っておりましたシェルサーモ成形は行いません。(このシェルサーモ成形につきましては、先シーズンまでテスト的に行っておりましたが、内容及び結果からみてトップクラスの選手対応であると判断しました。よって今年からは選手対応チューンのみでの対応とさせて頂きます。)
4、選手対応チューンとは?
このチューンの目的には《どうして日本人は後傾ポジションなの?》《世界のトップ選手のポジションは特別なものなのか?》《日本人には不可能なのか?》《ヒトの生理学的観点からつきつめたい》《北京オリンピックを見据えて》というようなキーワードがあります。
まず、このチューンが本当に必要なのか?こちらで判断させて頂きます。(正直言ってスタンダードチューンの方で十分な方々の方が圧倒的に多いのです。)
このチューンの条件のキーワードは《必要であること》《このチューンの設定が使いこなせること》《目標設定が明確なこと》《このチューンの設定に合わせる努力(トレーニング)が出来る》ことなどがあげられます。
要するにこのチューンは世界を見据えたチューンになりますので妥協したくないのです。よって価格は当然高額になり、そして場合によっては現場にての調整及び講習が必要になりますので別途料金が発生することがあります。

ざっと書いてみましたが、内容につきましてはまだまだ変更する項目がありますので暫定的なものだと考えて頂きたいと思います。

この年度末を迎えて、この数年を振り返り将来に向けて個人として法人として何を行わなければいけないのか?を考えてみました。

確定申告で改めて数字を見直してみると9月から12月にかけての4ヶ月患者さんのインソール作成数の激減が目立つのです。そしてどうしてなのかは明確で要するにブーツチューンに対する時間が多すぎるのです。(9月を境に患者さんの作成待ち時間が4ヶ月になりました。)
<患者さん=困っている人>です。この方々の作成数(月当たりの)を減らさないようにするにはブーツチューンに割り当てる時間を減らさなければなりません。
そこでブーツチューンの内容を見直す必要性が出て来たのです。
今行っているブーツチューンは果たして使用者のレベルに合っているのか?過剰ではないのか?本当に必要とされているのか?など自問自答する日々が続き思い切って改定することに至りました。
そして多くの方々が合わないブーツで悩み、そしてブーツ難民化されているのは20数年この業務に携わっていますのでよく承知しております。このような方々の道先案内するのも私の役目だと思いますが、中々至っておりません。
原因としては「でんくらふとのブーツチューン」の敷居が高いのも要因だと思います。
《自分にはまだまだ早い》《自分のようなスキーヤーには必要ない》など伝わって来ます。
だから、このような方々にはブーツチューンではなくブーツフィッティングが適しているのです。
そしてインソールについてもこのような方々にスキー用、スノーボード用が必要でしょうか?と思うのです。しかしアライメント調整には無くてはならないものであることは確かです。そこで一般用インソールと兼用することを提案したいと考えています。

私の作成できるインソール枚数は年間200枚と限られています。
この200枚を有効に多くの方々に使用して頂くには共用出来るところは共用して頂くことが最良であると思うのです。
このような勝手ではありますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

一応、Products>>Insole,Products>>Boots Tuneのページは変更修正されておりますが、今後更なる変更もありえますのでその旨ご了承の程よろしくお願い致します。

寒中お見舞い申し上げます。



寒中お見舞い申し上げます。

あっと言う間にこんな時期になってしましました。

12月に入る早々に身内が骨折してしまいまして公私共に忙しい年末年始を過ごしている今日この頃です。
寒中見舞なるものは今年の冬には???、昨日も白馬から来客がありましたが、「暖かいですね。」が挨拶です。今日は雨が降っていますが、本来なら雪になる季節なのに、ですね。

まあ愚痴はこの位にして本題に入りましょう。

まだ1月なのにスキーブーツの予約が入り出しました。この時期だから大きいサイズの方や昨年5月には完売になったアセンダントのようなものが主ですが…。
今年も昨年と同様にK2取り扱い商品(FT Boots、K2 Bootsなど)は受注生産(2、3月に発注を受けたもののみの生産)となっております。昨年は皆様に情報が流れた時には既に完売したものもありますし、小さいサイズなども然りです。

さて、今年の話題となるものは???でしょうかね。
皆さん耳をダンボにして情報を集めましょう。

現在のインソール及びブーツチューンの予約状況です。

《インソール》
◎ インソール作成のための足型採取は随時行なっております。
◎ インソール納期>>3ヶ月待ち(年末は5ヶ月、今時点は4ヶ月、ようやくスキー関係が落ち着きましたので通常のペースになって来ました。)

《ブーツチューン》
◎随時受付しております。
◎納期>>足型採取日より2〜3週間(その時の状況次第です。)
◎来季ブーツによるチューンの予約も随時行なっております。
◉例年7〜8月には海外遠征組(約15名ほど)を主に行なっておりましたが、今年は状況が変わりそうです。(ブーツの入荷時期が8月末になるとの情報を得ておりますので9月に集中することになります。)
このことにより一般の方々のチューンの時期が10〜12月の3ヶ月に集中することになり、当然出来る数にも限りが出て来ます。昨年同様受付順で年内可能数を限らさせて頂きますので、勝手ながらよろしくお願い致します。

《その他の状況》
来年東京オリンピックの年ですね。夏季オリンピックの影響は殆ど無いのですが、来年秋に“仮名Tインソールの医学的効果” の臨床論文が発表されます。
その用意のために多くの時間を費やすと思いますので、ご迷惑をお掛けしますが、合わせてよろしくお願い致します。

今年は怒涛の中スタートしたので準備周到に行い良い年にしたいと思います。
遅くなりましたが、今年もでんくらふと共々よろしくお願い致します。

カテゴリー: News

FT Boots 最終入荷と在庫のご案内



FT Boots Drop Kickの裏カラー(ブラック)ご存知ですか?今年はオリンピックイヤーなのでソチオリンピックから恒例のグリーンイエローが目についてこの裏カラーのブラックは店頭にも並んでいないのが現状でした。(入荷時期(11月末)が遅れたのも、)そして数も非常に少ないのでレアものになっています。

このブラックが 25.5cm/3足、26.5cm/1足入荷しました。

他の在庫明細です。

Drop Kick グリーンイエロー 26.5cm/1足、27.5cm/1足

First Chair 6 26.5cm/1足、

B&E  25.5cm/1足、

以上これで今シーズンは最終になります。