「Other」カテゴリーアーカイブ

進化する K2Boots

今日、今シーズン使用するK2 Boots(ANTHEM PRO)が届いた。

私は昨シーズンはFT Boots(DESCENDANT 8)を履き、今シーズンはK2 Bootsと交互に履いている。

一応K2のアドバイザーの建前からチェックと可能性を見出すためにである。

早々に試履きしてみると、インナーの剛性やフィット感が格段に良くなっている。(先々シーズンは写真の上のRECON130を履いているのでそれとの比較)

今シーズンは男性用モデルのRECON PROもあるのだが、あえて女性用モデルのANTHEM PROを選んだのは、ブーツ背面のPOWERFUSEを試したかったからである。

このPOWERFUSEはふくらはぎに合わせための機能だけかと思っていたが、実際に調整してみると新しい発見があった。

そして、カフの前面にPOWERPLATEなるものがついた、このプレートは目新しいものではないが以前の RECON130のときに感じていた前方へのトルクの配分が変わってスキーへの伝達が改善されるであろうと確信した。

これらのことは試履きだけで感じたことで、実際の雪上でのレポートはシーズンに入ってから行うことにしてブーツを脱ごうとするとかかとが抜けないのである。

最終的には強引に抜いたが、ようするにインナーブーツの構造が今までのインナーブーツと比較すると別物になっているのである。

RECON130の時にも感じていたことで、RECON130に別インナー(クリスピーダイナミックインナー)を入れてテストしたことがあったが、折角のサーモインナーなのにその良さが感じられなくぼってとしたブーツになってしまったのだ。

K2Bootsはシェルとインナーを併せ持って設計されているので合体することで性能が発揮できるのだと感じた次第だ。

先ほどのRECON130のときにテストしたクリスピーダイナミックインナーは前世代の K2 Boots Pinnacle proで使用しているが調子は至って良いのはインナーの性能が生かされていると言うことで、如何に新世代のK2 Bootsがトータル的に設計され完成したブーツになっていることが分かるエピソードなのだ。

雑誌のブラボースキーのネット版STEEPに投稿(お勧めのブーツ)を頼まれたのでK2 Bootsについて書いたが、K2 Bootsは次世代のブーツといっても過言ではないと思う。

例えると、私の車は10年ほど前のVWでつい最近ぶつけて2週間ほど修理に出ていた。その間新型のVW(ほぼ同機種)に乗っていて感じたことが、旧世代のブーツと新世代のブーツの違いに近い感覚なのではないだろうか。

車を走らせていて操作する感覚は私の車(旧車)の方が慣れているので良く感じるが、トータル的に疲れなく、楽に運転でき、安全なのは借用した今の車(新車)なのである。

NEW bootsは優しくホールドしているのに安定感があり、そして軽く、スキーを滑走していないとき(スキーセンターなど)にも履いていても疲れない、そんな次世代ブーツであると思う。

魔法のインナーⅡ

【魔法のインナー「クリスピーダイナミックインナー」の特徴】

このインナーの最大の特徴はかかとの浮きがほとんど無いことです。

如何してなのか?

それはベースになっている硬めのサーモ素材とかかとの上及びアキレス腱周りへ配置される柔らかく反発のあるサーモ素材とのハイブリット構造にあります。

本来はテレマークブーツに使用されるインナーなのでかかと浮きしないのは納得します。

まず何故このインナーを特別に輸入しているのか?それはあるお客さんの要望があってからなのです。

そのお客さんは最初にクリスピーブーツ(テレマークブーツ)を購入して頂き、ある時そのインナーをFT Bootsへ入れて滑ったら最高に調子が良かったので、スキー場から「クリスピーインナーは別売りしていないのですか?もし手に入るのだったら欲しいのですが…。」と電話がありました。

そして翌シーズンテスト的にイタリアの工場に在庫で残っている分を輸入したのが始まりで今日に至っております。

もしあのお客さんから注文がなかったら…、おそらく輸入もしないし存在していないと思います。

履いたら解る、本当に「魔法のインナー」と言っても過言ではないでしょう。

そんなインナーです。

魔法のインナー

【魔法のインナー】
それは「クリスピーダイナミックインナー」のことです。
何の変哲も無いインナーに見えますが、履いた人のみ解る魔法のインナーなのです。

何が違うのか?それは「かかとのホールド」の違いです。

かかとのホールドが良くなるとどうなるのか。

⒈スキーにおいては前傾姿勢が楽になります。

⒉スノーボードにおいてはフロントサイド(ツーサイド)が近くなります。


このような変化によるスキーヤー、スノーボーダーノー感覚は、

これは履いた人のみ解るのです


圧力と無圧(ソックスを選ぶ時代)

IMG_0035

 

圧力と無圧...。

非常に矛盾することですが、この矛盾の理由を明確に語っているのがこの両ソックスです。

cepソックスはコンプレッションソックスです。ふくらはぎのコンプレッションはいくらでもありますが、足裏からアキレス腱にかけてのコンプレッションはこのソックスのみだと思います。

私はランニングにも使用していますが、どのソックスより疲労感は少ないです。そして、足裏からアキレス腱にかけてのホールド感が踵接地時の安定感を増してくれます。

Berknerソックスは、cepとはまるっきり反対のソックスです。このソックスの特長は履いた感覚がありません。感覚とは締め付けられる感覚ですが、このソックスは皮膚の上に第二の皮膚があるかのような履き心地なのです。スキーブーツを履いてもインナーと肌の間に空間があるような感覚にします。よって、締め付けられず空間を作るので保温性もあります。コットンを主原料に使用しているのに冷たい感覚はないのです。

この両ソックス、正反対の性格を持っていますので、ブーツとの相性が大切です。

ブーツによって、ソックスも選ぶ時代が来たと感じさせます。