「FULL TILT BOOTS」カテゴリーアーカイブ

何を選べば良いのか?

FT Boots Line up

今シーズンのラインナップは全19機種、多いですね。

これだけのある機種の中から、自分の目的に合ったものを探すとなると、結構大変かも知れません。

男女、ユニセックスで区別すると下のようになります。

MEN’S ; Ascendant Series, First Chair Series, Descendant Series, Classic Pro,Pro Models,Kicker

LEDY’S ; Sole Sister Series, Plush Series

UNESEX ; Classic Pro,Drop Kick Series

これだけの機種があると、まず目的をはっきりとさせることから始めた方が良いと思います。

バックカントリー派、Ascendant Series

パーク派、Descendant Series, Pro Models, Kicker, Drop Kick Series

ゲレンデクルージング派、Descendant Series, Classic Pro,Soul Sister Series,

モーグル、フリースタイル派、Drop Kick Series,

レクレーション派、Classic Pro,Descendant Series,Plush Series,

FT BOOTS は全て同じシェルではありませんので、これも選択のポイントです。

各シェル の特徴とモデル

ORIGNAL; このシェルはライケルの血を受け継いだ純血種です。幅は99mmと狭く、そして爪先の形状も先細の形状になっております。このシェルができた時代のスキー板はセンター68mm、細板の時代です。現代でも細板といえば、モーグル競技およびフリースタイル競技などに適しており、このシェルの特徴はクイックなエッジング操作が可能です。コブ愛好者にはうってつけのシェルです。
MODEL;Classic Pro,Drop Kick Pro,Drop Kick,Drop Kick S,Sole Sister 90

SOLE; ORIGNAL SHELL がベースになって開発されたシェルです。幅は99mmと変わりませんが、爪先の形状がゆとりのあるラウンド形状です。大きく変わっているのはフットベットで、足裏がスキーに近づくように低くセットされております。現代の幅広のスキー板に適したシェルとなっております。
MODEL;TW Pro,First Chair 130,First Chair 120,First Chair 100,Sole Sister 100

EVOLUTION; このシャルはシリーズの中で最も新しいシェルです。幅は102mmとワイドで今までのFT BOOTSが足幅で悩まれていた方にお勧めします。タンのホールド方法が上記のモデルと異なり、ワイヤーをバックルで引き寄せる方法をとっています。このことによりワイヤーを回して固定するわずらわしさから解放されます。そして、バックルタイプのメリットとして3ピース構造の弱点である、トルク剛性がアップしてパックされた硬いバーンのカービングを容易にさせてくれます。レクレーションスキーやにうってつけのシェルとなっています。
MODEL;B&E Pro,Descendant 120,Descendant 100,Descendant 90,Plush 90,Plush70,Kicker

EVOLUTION TOUR; このシェルは上記のEVOLUTIONにウォークモードを設定したシェルです。特性は同じです。FREERIDE MODELのシェルとなっています。ローアシェルの開口部は防水対策が施されてあります。
MODEL;Ascendant SC,Ascendant AP

次にインナーの種類を説明しましょう。

大別するとインナーには巻きタイプのオーバラップインナーとタング付きのインナーの2種類があります。
どうして2種類のインナーが存在するのかは?それは、3ピース構造のタンの特性をそのまま出すのか、逆にタンの特性を弱めて出すのかの違いです。

オーバーラップインナー;字のごとく、インナーが脛を巻き込むようになっているインナーです。足のサイドのホールドはされていますが、脛を前に倒すと開いてくるので硬さはありません。よってダイレクトなタン(シェル)のレスポンスを引き出してくれます。不整地や深雪での凹凸に反応してスキーヤーのポジションをキープしてくれるところがこのインナーの特徴です。そして脛の下でフレックスポイントを感じるので脛角を出しやすいインナーです。
LINERS LINE UP; PRO TOUR WRAP,PRO WRAP,PERFORMER WRAP
MODEL; Ascendant SC, Classic Pro, Descendant 120, Descendant 100, TOM Pro, B&E Pro,
Drop Kick Pro, Plush 90, Soul Sister 100, Plush 90

タング付きインナー;オーソドックスなインナーですが、FT BOOTS にとっては近年になって登場したインナーです。3ピース構造のブーツの欠点を補うインナーといって良いと思います。欠点とはトルク剛性が弱い、脛の下がフレックポイントとなるのでスキーに圧が伝わりにくいなどがあります。これらの欠点はむしろ FT BOOTSの長所であるのですが、グルービングされた斜面をカービングしてクルージングするには難があったのです。誰でも履けるブーツを目指すには、上記のような条件もクリアーする必要があります。そこで登場したのがこのインナーです。 このインナーのモデル構成もカービング志向のブーツと初、中級レベルのブーツに採用してあります。
Ascendant Aに関しては長い距離の歩行のとき、足首の前後方向の可動域を広げるために、シェルのタンを外すことを推奨しています。そのときにオーバーラップインナーでは脛の押さえ利かないので採用したのだと思います。
LINERS LINE UP; PRO TOUR TONGUE, PRO TUNGUN, CLASSIC TONGUE
MODEL; Ascendant APPROACH, First Chair 130, First Chair 120, First Chair 100, Descendant 90,
Plush 70, Soul Sister 90, Drop Kick, Drop Kick S, Kicker

以上がFT BOOTSを大まかに分類しました。

この中から実際に選ぶとすると何に注意すれば良いのか?

まず、ご自身のスキー環境を考えてみましょう。
どのような場所で滑られていますか?(ゲレンデ、コブ斜面、モーグルコース、パークなど)将来、バックカントリーもしくはサイドカントリーなどをやりたいと思われていますか?など、
このように整理して見ると最も適したモデルが見えてくると思います。
ざっくり言うと、インナーをどちらにするか?フレックスの硬さをどうするか?で、おおよそのモデル選びは出来ます。フレックスはタン(4、6、8、10タン)を交換することで変えることは出来ます。
FT BOOTSはスタイリッシュなブーツなので、デザインが気になると思います。
インナーの設定だけが間違えなければ、タンを交換(別途料金)する覚悟で、デザイン優先で選ばれても大丈夫なのです。

今シーズンのお勧めは、(自薦)

Ascendant SAMMY CARLSON; 何でもあり、全てをカバーするブーツ、少し重いですが、その分丈夫です。コブでもパークでも、バックカントリーでもOKなブーツです。
Drop Kick PRO; フリースタイルはこれです。ライケル時代から受け継がれてきたブーツは永遠に不滅です。
Kicker; コスパ最高(50000円)のブーツです。タン4なのでジュニアにも最適です。

以上、ざっくりですが、こんな感じにまとめました。
お問い合わせはことらからお願いいたします。

7月末日までは業務状況に応じてですが、ブーツ相談会を開催しています。

こんなときですが…。

緊急事態宣言が延長されて先のことなど考えられなくなって来そうですが、いつかは落ち着くときが来ると…。
この時期になると選手たちから今季のブーツの相談や予約が入って来ます、昨日も女子モーグル選手から連絡がありました。

FTBoots イタリア製なのです。

武漢から始まったこの騒動はあっという間に欧州全土に広がりました。
特にイタリアは最初に感染者が増え続けロックダウンも早く、全ての製造業がつい最近まで操業停止していたのはご存知だと思います。

イタリアというと何を思われますか?
イタリア=登山靴=スキーブーツなのです。(今ではラング社とダルベロ社のみ)
今ではモーグル、フリースタイルスキーに欠かせないブーツのFTBootsはダルベロ社で製造しています。今は稼働していると聞いてはいますが数ヶ月は生産がストップしていたことになります。

スキーブーツの国内入荷数に限りが出てくるのでは…!!!

幸いなことにFTBootsは作業工程に熟練度を必要とするためにダルベロ社内の多種類のブーツの中で最も早く作業を開始しますので、今取り掛かっているということになります。

しかしこの数ヶ月の操業停止は年間製造数に影響が出てくるでしょうし、そして経済が落ち込む予想による製造調整もあるかもしれません。

今の時点では何とも言い難いですが、そんな気がしています。

そして例年6月ごろから全国各地で開催される受注会は開催されても9月以降となるらしいです。

もし今年購入を考えられているのであればこのstay homeのときに情報収集も良いかと、

そう思います。暗い話で申し訳ありません。

FT Boots 最終入荷と在庫のご案内

FT Boots Drop Kickの裏カラー(ブラック)ご存知ですか?今年はオリンピックイヤーなのでソチオリンピックから恒例のグリーンイエローが目についてこの裏カラーのブラックは店頭にも並んでいないのが現状でした。(入荷時期(11月末)が遅れたのも、)そして数も非常に少ないのでレアものになっています。

このブラックが 25.5cm/3足、26.5cm/1足入荷しました。

他の在庫明細です。

Drop Kick グリーンイエロー 26.5cm/1足、27.5cm/1足

First Chair 6 26.5cm/1足、

B&E  25.5cm/1足、

以上これで今シーズンは最終になります。

 

恐れ入りました…。

FT Boots は毎年 何処かしら改善されています。

今年はロアシェルのボトム部にドット模様が…‼

デザイン?ではないさそうですね。

ではどうして⁉

おそらく 雪が付きにくくする為の工夫だと思います。

しかし  このドット模様がついているのは、First Chair と TOM Modle の シェルが Soul の機種のみ、

ハイクを考慮しての処置なのではないだろうか⁉

FT Boots は 年々熟成し続けているブーツなんですね。

 

新しいフィッティングシステム…。

でんくらふとでは、FT Boots のフィッティングをダブルサーモ方式で行います。

今まではインナーをオーブンで温めインナーが軟らかくなったらシェルへインナーを入れ次に足入れして自然冷却させる方法で行っていました。

今シーズンから取り入れるダブルサーモ方式とは、

インナーはガンタイプのヒーターでインナー内部を温め、そして同時にシェルをオーブンで温める方式です。

メリットは、

1.より足にフィットすることが出来る。

2.事前に足にパッティングを施すことによりシェルのボリュームを若干拡げることが出来る。

3.脛の湾曲、ボリュームに合わせることが出来る。

などがあります。

ただ、インナーは110℃のヒーター、シェルは120℃のオーブンで温めることにより足への負担(低温火傷)が心配されるので、当店独自の冷却システムを採用しています。

この冷却システムは、お客様はイスに座った状態で履いたブーツごと冷却BOXに入れ冷却(BOX内は室温より10〜15℃下がる)しますので冷却時間も短縮されお客様の負担も軽減されます。

以上のようなニューシステムで快適なFT Bootsのフィッティングが可能となっております。

※時間も掛かります。そして使用済みのブーツはリスクが伴いますので、再フィッティング及びお持ち込みのブーツのフィッティングは行っておりませんのでご了承を下さい。

話題のブーツが入荷して来ましたが…。

今年話題のブーツが入荷して来ました。

FT Boots  Ascendant !!

しかし入荷したブーツも予約済みのブーツで、既に当店発注数も完売状態なのです。

メーカーも在庫無しで今シーズンは終了ということになります。m(_ _)m

一応入荷して来たブーツを試履きしてみると…!?

フィーリングは、ただ単にDescendant10にテックビンディングに対応してウォークモードを付けただけではなかったのです。

今までのDescendantはロアーシェルとカフを固定していましたが、Ascendantはウォークモードを付けることにより後方にはロックして前方にはフリーになるシステムになっています。

これは正に3ピース構造ブーツの特性をしっかり出せることになったのですね。

となると、ウォークモード付きとなっているDescendant 8も同じということになります。

DescendantもようやくFT Bootsの仲間入りが出来たということなのですね。

ウォークモード云々ではなく、3ピース構造の特性が十分に出せれるという点を見直してみると面白いかも知れません。

FT Boots の水漏れ対策

水漏れ対策は、FT Bootsのチューン最後のセレモニーです。

《FT 豆知識》
※FT Bootsの水漏れは、バックル等の固定用ナットを裏側からシールすることで完璧ではありませんが、防ぐことができます。

ナット金属部分での擦れによりインナーが傷付くことの防止にもなりますので、使用前にやっておくことをお勧めします。

付属パーツで保護シールが付いていますが、強力なガムテープなどを円状に切り抜いて使用する方が効果的です。

※これらの作業を行う前に、マニュキュアの徐行剤(リムーバー)などで、ナットとその周りのプラスチック部を拭き取ることがガムテープの接着性を向上させることになります。

IMG_0073 copy copy copy

IMG_0074 copy copyIMG_0075 copyIMG_0077

FT Boots のカント調整

FT Bootsのカント調整

今回はこの辺りを少し、
当店でご購入頂いた方は、全て調整してお渡ししていますので、何ら問題無くご使用されていると思います。
しかし、一般的にはインナーのサーモ成形を終えると終了し、カント調整はお客さんご自身が行うことが多いですね。

そこで、今のカントが合っているかのチェック方法をお教えしましょう。

チェック方法は、2種類のポーズが出来るか?
1. 相撲のように四股立ちのポーズが出来るか?
条件は、足はスキーを履いた時と同じ平行であること、そしてブーツのソール(靴底)が床に対してフラットであること、それが出来たらお尻が両脚の間に沈めれるか?
スキー操作で例えるとダンヒルのクローチング姿勢から両脚を拡げてお尻を落とした姿勢になります。
次に
2. バレエの第2のポジションからプリエをする。
1. の四股立ちからつま先を180度外方向に向ける。

この2種類のポーズが出来ればカントは合っていると思います。

もしやりずらかったら、どちらかに(外に向けるのか?内に向けるのか?)調整することをお勧めします。

姿勢すら出来ないのなら、非常に危険です。即座にご自身の身体のケアーを行って下さい。(笑い事では無く多くの方がこの危険ゾーンにみえます。)

以上、
楽しくスキーを行うための一言でした。

IMG_0340 copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copyIMG_0341 copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copyIMG_0342 copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy copy

FT Bootsのシェル加工は、非常にデリケートです。

FT Bootsのシェル加工は、非常にデリケートです。

3ピース構造のブーツは、2ピース構造のブーツと比較すると剛性という点での欠点があります。
しかし、この欠点がモーグルやフリースキーのジャンルではメリットとして出てきます。(このジャンルでの使用率が群を抜いていることが裏付けですね。)

この剛性がないということは、シェル加工を行う面では非常に厄介です。

切削での加工は殆ど無理なので、熱加工となりますが、剛性がないということは出した分歪みも出るという問題が起きます。

その問題解決には、特殊な治具を使用する必要があります。
でんくらふとでは、温めるためのヒーター以外は全て独自で開発し、手作りした治具を使用しています。
治具の中には、創業以来使い続けているものもありますから、20年間の歴史があり、思い入れもあります。

IMG_0134 copy copy copy copyIMG_0004

IMG_0202 copy copyIMG_0203 copy copy copyIMG_0204 copy

FT Boots 在庫状況

9月4日時点のFT Bootsの在庫状況をお知らせします。
※在庫は日々変化しておりますので、お問い合わせ下さい。

2014-2015 Model
Seth Morrison    ¥80000    25.5cm/1,  26.5cm/1
Konflict                ¥75000     24.5cm/1,  25.5cm/1 ,  26.5cm/1
High Five             ¥65000    26.5cm/1
Classic                   ¥58000    25.0cm/1,  25.5cm/1,  26.5cm/1,  27.5cm/1
Tom Wallisch        ¥75000    24.5cm/1,   25.5cm/1,  26.5cm/1,  27.5cm/1
B and E                 ¥69000    25.5cm/1
Drop Kick Black  ¥62000   22.5cm/1,  25.5cm/1
Drop Kick Green ¥62000   23.5cm/1,  24.5cm/1

Rumor                   ¥60000   22.5cm/1,  23.5cm/1,  24.5cm/1
Mary Jane            ¥50000   23.5cm/1

2013-2014 Model
Seth Morrison    ¥80000  ASK     27.5cm/1
Tom Wollisch     ¥73000   ASK     25.5cm/1
Drop Kick Blue   ¥60000  ASK     24.0cm/1