新しいフィッティングシステム…。

でんくらふとでは、FT Boots のフィッティングをダブルサーモ方式で行います。

今まではインナーをオーブンで温めインナーが軟らかくなったらシェルへインナーを入れ次に足入れして自然冷却させる方法で行っていました。

今シーズンから取り入れるダブルサーモ方式とは、

インナーはガンタイプのヒーターでインナー内部を温め、そして同時にシェルをオーブンで温める方式です。

メリットは、

1.より足にフィットすることが出来る。

2.事前に足にパッティングを施すことによりシェルのボリュームを若干拡げることが出来る。

3.脛の湾曲、ボリュームに合わせることが出来る。

などがあります。

ただ、インナーは110℃のヒーター、シェルは120℃のオーブンで温めることにより足への負担(低温火傷)が心配されるので、当店独自の冷却システムを採用しています。

この冷却システムは、お客様はイスに座った状態で履いたブーツごと冷却BOXに入れ冷却(BOX内は室温より10〜15℃下がる)しますので冷却時間も短縮されお客様の負担も軽減されます。

以上のようなニューシステムで快適なFT Bootsのフィッティングが可能となっております。

※時間も掛かります。そして使用済みのブーツはリスクが伴いますので、再フィッティング及びお持ち込みのブーツのフィッティングは行っておりませんのでご了承を下さい。