足助八幡宮参拝

でんくらふとの業務にぴったりの神社なので、年度初めに合わせて4月8日参拝致しました。

足助八幡宮の創建は、今から1300年ほど前の673年(白鳳2年)と大変古い神社です。

足助の“足を助ける”に由来して、古くは人々の足を助ける(守る)神として、現在では交通安全、病気平癒、安産の神として広く信仰されています。

※飯田街道(国道153号線)沿いにある小さな神社ですが、檜の大木に囲まれた趣のある神社です。近くには紅葉の名所“香嵐渓”があります。

IMG_0003

IMG_0002