圧力と無圧(ソックスを選ぶ時代)

IMG_0035

 

圧力と無圧...。

非常に矛盾することですが、この矛盾の理由を明確に語っているのがこの両ソックスです。

cepソックスはコンプレッションソックスです。ふくらはぎのコンプレッションはいくらでもありますが、足裏からアキレス腱にかけてのコンプレッションはこのソックスのみだと思います。

私はランニングにも使用していますが、どのソックスより疲労感は少ないです。そして、足裏からアキレス腱にかけてのホールド感が踵接地時の安定感を増してくれます。

Berknerソックスは、cepとはまるっきり反対のソックスです。このソックスの特長は履いた感覚がありません。感覚とは締め付けられる感覚ですが、このソックスは皮膚の上に第二の皮膚があるかのような履き心地なのです。スキーブーツを履いてもインナーと肌の間に空間があるような感覚にします。よって、締め付けられず空間を作るので保温性もあります。コットンを主原料に使用しているのに冷たい感覚はないのです。

この両ソックス、正反対の性格を持っていますので、ブーツとの相性が大切です。

ブーツによって、ソックスも選ぶ時代が来たと感じさせます。