「3F Training」カテゴリーアーカイブ

股関節と膝関節

3Fトレーニングは転位した股関節を中間位に導くトレーニングです。

なぜ股関節を中間位に保たねばならないのか?

人には右利き、左利きがあります。(話が逸れますが、犬にもあるようで当家のリオは右利きのようです。)
この右利き、左利きの定義は今までなかったのですが、MDrの発表される私のインソールの臨床論文では定義付けして発表されるとのことです。
私の定義付けは足部の踵骨の内反角の大きい方が利き足としています。

右利きの場合、右足の踵骨の内反角が大きく利き足となり軸足は反対の左足となります。内反角が大きいと左右釣り合うために代償が必要になり、その代償は距骨下関節にて行われます。距骨下関節が回内することにより股関節の外旋を改善でき、回内することにより踵骨の内反角が改善され左右の脚の長さも調整できるのです。

このようなことを私たちは身体で感じることは殆どありません。身体の自動調整機構のようなものだと思って下さい。

殆どの方はこの自動調整機構で調整されることでほぼ正常な身体を手に入れていますが、踵骨の内反角が異常に大きく距骨下関節において代償ができない場合には障害が出て来ます。大なり小なり代償出来ていないケースが殆どですが生活に支障を来している方は少ないです。

ただ長い期間においてこの不完全な代償が影響を与えるところがあります、それは股関節です。

先ほどの踵骨の内反角からの距骨下関節の代償に戻ります。内反角が大きいと距骨下関節の回内が起きます。回内は内滑りなので脛腓・距骨関節(足関節)は内旋し、膝関節を介して大腿骨から股関節の内旋が起きます。それと同時に足部第1軸の底屈も起きます。

本来であれば踵骨の内反は股関節の外旋を生じるのですが、内反角が大きいため代償が起き股関節の内旋という真逆な運動を強いられるのが利き足の宿命なのです。(もし代償が起きなかった場合は当然股関節の外旋が起きるので姿勢を保つための骨盤の異常な前傾が起き、ストレスは大腿骨の捻転などにつながります。)

利き足の股関節の内旋は、軸足側に影響が出て来ます。協調ということで軸足側の股関節は外旋します。もし同調して同じように内旋した場合、骨盤は異常な前傾が起き腰椎の異常な前弯となります。許容範囲の中でどちらかを本人の意志なく選ばれていると思って下さい。

軸足の股関節外旋の代償は足部の回内となります、要するに軸足の足部は扁平するということです。

正常でも上記のようなメカニズムが多少なりとも発生しています。この現象が長期に渡って起きていると経年的な障害が発生するのです。

これらのことは何かの障害(骨折、靭帯断裂、肉離れ、疲労など)が起きた場合にも異常な状態となります。だからリハビリが重要なのです。

下図は膝関節の状態を表していますが、この図に股関節の状態を補足しますと、正常膝は股関節中間位で上肢は垂直を保ちます。内反膝は股関節外旋位で上肢はバランスを取るために左側に傾きます。外反膝は股関節内旋位で上肢はバランスを取るために右側に傾きます。

これらの図は片足立ちを表していますが、もし両足で立っているとしたら踵骨の代償で説明したようになります。内反膝は股関節内旋位、外反膝は股関節外旋位となるのです。なぜなら、重心は左右のほぼ中心にキープすることが立位だからです。

踵骨の異常な内反はインソールにて改善できます。インソールは踵骨の改善を行うと共に股関節の転位の改善することは可能ですが、更に3Fトレーニングにおいての運動を追加することにより相乗効果を生み出しています。

次回は脊柱編へ

歩行の出発点

私たちは何も考えずに歩き、立ち止まり、そして再び歩き出すことを行っています。

しかしこの歩き出す1歩は「歩行の出発点」ではなく、それ以前に行っている何気ない体重移動が「歩行の出発点」なのです。

この「歩行の出発点」が正常に出来ているのかが問題なのです。

まずは「カパンジー機能解剖学Ⅱ下肢」より抜粋してこの「歩行の出発点」を説明します。

人が立って静止しているときでは、体重は左右の2つの足に均等に分配されています。
これでは片方の足を進めるために片方の足を持ち上げることは不可能です。

歩行の出発点はまず荷重分配を調整することから始まります。
それは片方の足を持ち上げるために体重をもう片方の足へ移動させる必要があります。

一般的には右利きの人は右足から踏み出します。
その右足を踏み出すためには左足に体重を移動させる必要があるのです。

その体重移動のメカニズムは下図の番号順となります。

まず左足に体重を移動させるための第1段階は
①左の内転筋の収縮によって②骨盤は左側へ移動します。同時に③小中殿筋の収縮によって④骨盤の右半分が持ち上がり、したがって⑤重心は左へ移動します。

この一連の動作によって右足は体重の負荷から解放されるのです。

次は右足が前に出る第2段階です。
足が前に出るために⑥ハムストリングスの収縮が⑦骨盤を前方へ推進させ、前方の不均衡が生じ、これが右足の前方への1歩の始まりです。

この運動は左足関節の屈曲を制限する⑧左下腿三頭筋の収縮によって制限されます。
同時に右股関節の筋肉群は⑨右膝を前方へ推進し、⑩右足関節の屈筋群はすでに重心移動で挙上されているe右足のつま先を持ち上げスムーズに1歩が出るのです。

eこの足のつま先を持ち上げるのは極めて重要で、この動作が地面との接触を回避して転ぶのを防ぐのです。

これが「歩行の出発点」のメカニズムです。
このような動作を何も考えずに正確に行えるには乳児から幼児期を経て小学年の高学年までの長い期間を要します。

乳児から幼児期にかけてのハイハイ運動は股関節廻りの筋肉の鍛錬期間です。
ハイハイ運動期間が短かった子供は内転筋の発達が悪くなり外反膝などの障害が起きやすくなります。
早く立たせることをせずに自立するまで見守ることが親の役目なのでしょう。

歩行中は「歩行の出発点第1段階」は省かれます。
それは足の運び(ステップ)が適正であれば「歩行の出発点第2段階」の動作が連動して行われて歩行が完成します。

歩行の完成に必要不可欠なのは「股関節の機能と転位」です。
この「股関節の機能と転位」を改善するのが「3Fトレーニング」です。

次回は「股関節と膝関節の関係」について書きます。

足底を支える筋…。

まだまだコロナ禍ではありますが、

今日から女子モーグル選手のトレーニングを開始しました。

この選手のテーマは「足関節が使える」ようになること、

日本の殆どの女子選手(男子選手にも多い)は民族的な理由なのか足関節、足首が使えません。

足首が使えない? えっと思われるかも知れませんので…、

本来の足首の使い方が出来ていないと言い換えましょう。

足首、足関節は距腿関節です。

距腿関節は字の通り、距骨(踵骨の上の骨)とその上の下腿(脛骨)から成り立っている関節ですが、実際には2つの関節で構成されています。

1つは底屈(足首を伸ばす)、背屈(足首を曲げる)で機能する脛腓・距腿関節と

2つ目は内反(内側アーチが挙がる)、外反(アーチが扁平になる)と呼ばれる運動で機能する距骨下関節からなります。

上記の足首が使えていないとはこの2つの関節をゴッチャにした使い方をしていることです。

足部の足底には3つのアーチがあります、内側アーチ、外側アーチ、前方アーチの3つです。

内側アーチは人体と筋肉がなければその凹を維持出来ません。

外側アーチは下腿三頭筋の動力を伝達するために強固となっています。

前方アーチは5つの中足骨の列の結果です。

下腿三頭筋の動力を如何に足底に伝達するか?

足首はどのような機能を持てば良いのか?

もうお分かりだと思います。

そうです足首の関節の1つ脛腓・距腿関節を有効に使うことなのです。

これが足首の使い方です。

そこで重要なのが図で表している、足底腱の1つ外側バンド(Lateral band)なのです。

この外側バンドが有効に働き足首の運動を支えないと最も長く、直立することに大して最も重要な筋筋膜のSBL(スーパーフィシャル・バックライン)にも影響を与えてしまいます。

今日のトレーニングは「歩行指導」でこの外側バンドを刺激する歩行エキササイズが殆どでした。

積木は積み重ねて行ってもきっちりと歪みを修正しながら行わなければ途中で崩れるか、それ以上積み上げることが出来なくなってしまいます。

この外側バンドに刺激を入れて足底の安定を行うことはズバリこの積木の修正と同じで身体全体を整えることにつながるのです。

外側バンドは足底腱の一部ですが、足趾につながる5本の足底腱とは別に第5列を支えています。

第5列に2本の足底腱がつながっているのは、如何に第5列が人間の直立及び2足歩行に絡んでいるかをうかがわせています。

原点…。

ヒトの足とは・・・。

1.ヒトの足は、どのように進化してきたのか・・・。
2.足本来の役目はどうなのか・・・。
3.足と筋肉の関係は・・・。

ヒトは四足から2足へ進化する過程において、足部は進化して、四足の動物とは異なったものとなっています。(ヒトの踵は四足の動物には見られい等・・・。)

自然界の二足の動物といえば、鳥類がいます。しかし、この鳥類とも同じではありません。(おそらく、移動手段の違いにより異なる・・・。)

どのようにして、人の足は今の形状、仕組みになったのか、定かではありませんが。言えることは、ヒトは2足で立ち、2足で移動するという繰り返しにより、“安定と不安定”という相反するものを手に入れる結果となったのだ考えられます。

人の足は、このような経過で進化したとしたら、人の筋肉、特に骨格筋類は同じくこのような経過で進化し、出来たものではないでしょうか。

しかし、ヒトは知恵を持つようになると足を保護するようになり(靴等の発明)、そして、ヒトは文明を持つようになると『歩くという運動』が日常的に少なくなり(移動の手段の進歩)、ヒトの本来の足の役目は、立つことのみへと退化しつつあります。

でんくらふとは、本来持っているヒトの足の役目を復活させることが大切であると考えています。言うなれば『はだし』という自然の状態を見直し、足の役目を再認識することが大切です。

“砂浜で、芝生の上で、はだしで歩いてみましょう。”

最初のうちは、足が痛かったりして不快を感じますが、慣れてくると、のびのびとした気持ちになってきます。姿勢も良くなり、足の指も自由に動いていることに気付かれることでしょう。

『足の指を使いながら歩くこと』 非常に単純ですが、これがヒトの足の運動の基本であると考えます。今日からでも初めて見てください。

1ヶ月後、何らかの変化が・・・。3ヶ月後、大きな変化が・・・。期待に値する効果が現れるでしょう。

私の考え方の原点です・・・。

10数年も前のことでしょうか、
自宅の近くの図書館でこの本に出会い、ひたすらに読み漁った時がありました。

ヒトは身体を固定して立っているのではなく、揺れながら立っているのである・・・。

この文章の 揺れながら立っている に無性に惹かれるものがあったのだと思います。

これを解剖学的考察に繋げ、今のインソールに至るにはさらに5,6年の年月が経ちましたが、今でも私の考え方の原点はここにあると思います。

追記
この本の第7章に脊柱側わん症と平衡機能訓練の項目があり、内容は学校教育の中での取り組みが書かれています。

しかし現在、このことが疎かになっているような気がしています。
今の子供達、将来の子供達のことを考えると ・・・。

 

 

股関節の運動始めはどこか・・・?

インソール製作がきっかけで2名の競輪選手からトレーニング(身体の使い方)の指導依頼があり、
活動はまだ開始していませんが、今月中には活動をスタートする予定です。

今日は、その1人がトレーニング用のインソールを受け取りに来店されたとき、
今変化(すでに自転車用インソール使用中)しつつある身体のことについて質問があり、
その質問への返答を兼ねてウォーキング とランニングの指導を行いました。

競輪はご存知のように“身体一つ”でお金を稼いでいる ので、
身体が資本です。
競輪選手になるにも狭き門です。
(男子一般募集36名特別試験若干名、女子一般募集20名特別試験若干名)
※特別試験とは、自転車競技、スピードスケート(500,1000m)、陸上競技(200,400m) 、
水泳(100m)でオリンピック(入賞以上)、世界選手権(3位以内)、ワールドカップ(優勝)
と条件(世界規模の大会で優秀な成績を収めたもの)をクリアーした者が資格がある。
そして、競輪学校の生活も厳しいのは皆さんご存知のことだと思います。

要するに、
これだけの条件をクリアーして競輪選手になったのだから、
皆さんが想像出来ないくらいのプロスポーツ選手 のはずですが・・・。
(フィットネスクラブで彼らを見たら何者???と思うでしょうね。笑)

でも、
彼らにもウィークポイントがあるのですね・・・。

車に例えると
エンジン◎、足回り◎、シャシー△、ドライブシャフト△、ギアー △、電気系統△、
と診断しました。(身体の部位はご想像ください。)

とりあえず、
取り掛かるのは、ギアーの調整、電気系統の統一ですね。

股関節の運動始めはどこからなのでしょう?
歯車はお互いの歯車間がきつ過ぎてもゆる過ぎても 効率良く動きません。
股関節は球関節で一見どの様にでも動くかのように思えますが、
股関節廻りの筋肉の数が多いことによりギクシャクとした動きになります。(傷病:変形性股関節症)

よって、
股関節の運動には、筋肉連鎖的運動が必要であると思います。
そして、連鎖運動を補助するために指示系の調整も必要だと思います。

14.15日のスキーヤー向けキャンプでは、ここがポイントになります。