クリスピーサーモインナー好調です…。

クリスピーサーモインナーを見ていると今から25年程前にサーモインナーが国内に入って来た時のことを思い出します。
あの頃の謳い文句は、《温かく軽く足に合うインナー》でしたが、このインナーは更に《フィット感が違い、足裏感覚がダイレクト》に感じます。
昨日は福岡からHさんがFT Bootsのフィッティングにお見えになりました。このインナーの説明をして昨シーズン私がテストしたインナーに足入れして頂くと…、「違いますね。」「FTのインナーはヤフオクにでも出すので、このインナーをお願いします。」と間を入れずに決まりました。
足入れしないと中々理解出来ないと思いますが、正直言って私の経験からいくと今までのインナーの中で最高のものだと思っています。
Hさんのフィッティングが終了したころにこのインナーを予約されていたKさんがお見えになり、以前購入して頂いたFT Tomモデル用にフィッティングを行いました。これまた「最高です。」と…。

昨日はNEWのFTと使用済みのFTにフィッティングしましたが、実を言うとこのインナーはフロントバックルのブーツとの相性も抜群なのです。
クリスピーはテレマークブーツでありフロントバックルブーツなのですから当たり前の話です。
時間があるときに私のK2Bootsに入れてみるとサーモ成形していないのに通常のインナーよりフィット感が増し、そして脛の面で押す感覚が良いのです。このこともテレマークブーツで使用されているのだから当たり前のことなのですね。(テレマークスキーの踵の浮いている内足はこのスネ感が重要だからです。)

こうしてみると踵の浮くテレマークブーツの特徴を抑えているこのインナーはアルペンスキーでは更に武器になると言うことになるのですね。

だからこのインナーを使用した人は病みつきになる、と言うことです。(私も含んでもう既に何人も…。)