コツ(骨)ウォーキング教室の開催

 ヒトは他の動物と違って生まれてすぐに立ち、歩くことは出来ません。誕生してハイハイからヨチヨチ歩きへ成長し、そして小学校への通学、体育などの教育により高学年になるころにようやく一人前の姿勢、歩行へとなって来ます。このように長い年月で習得した 姿勢、歩行も成年をピークにして筋肉の衰え、生活習慣などにより徐々に歪んで来るのです。

 コロナ禍の中「免疫力」が話題になっていますが、ヒトの免疫力を上げるのに効果があるのが体温を上げることです。要するに血液の循環を良くすることなのです。

 そして、この血液の循環を良くするには下半身の第2の心臓といわれるふくらはぎと股関節の運動を行うことですが、まさにウォーキングがうってつけです。しかし膝や腰など痛いところがあったら歩くのも億劫になってしまいます。

 この痛いところの要因は経年からくる筋肉の衰え、生活習慣による歪みなのですから、まずはこの歪みを整えることから始めないといけません。この歪みを解消すること、そして基礎代謝量を上げることは「骨で歩くコツウォーキング」がお勧めです。

姿勢、歩行の発達と衰退

ーーーーーーーーーーーーー 開催要項 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時;毎週 月、火、金、土、日 の午前10:00〜12:00の2時間

募集人数;5名以上参加で開催します。

場所;でんくらふと2F(宮島商店様2F)

参加費;2,500円(税別)

メールでお問い合わせの方はこちらからお願い致します。