Boots Tune

ブーツチューンの概要

ブーツチューンとは、
ただ単にブーツ内に足を納める(ボリューム的に)ことでは無いと考えます。
IMG_0003

真の目的は
癖の無いナチュラルなポジションを確保することはもちろんのこと、、
運動においてのニュートラルポジションの確保を行うことだと考えます。

その為には、
骨格アライメントの調整として、カスタムインソールは必要であり、
その調整した足部をナチュラルな形でブーツ内に収めるためのシェル加工も
当然必要となります。

カスタムインソールについては、
インソールのコーナーもしくは「Karada」のコーナーにおいて詳しく説明しますので、
ここでは「シェル加工」について説明します。
IMG_1733IMG_0004IMG_0618

シェル加工において重要なことは、
もちろんボリューム的(当り等)な考慮も必要ですが、
さらに進んで「如何に動ける足を納めるか?」が重要になります。(動ける足とは、重心の移動などをスムーズに行うことである。)

一般的に行われているシェルの加工は、当たり(ブーツ内で足が干渉していたい部分)があるところの「部分削り」部分熱加工”がほとんどですが、これらの方法は全て“対処方”に過ぎません。

でんくらふとでは、
「如何に足を納めるか?」を追求した結果、「足部の重要な箇所(動くため必要なの関節部)をストレスなく納めること」であると考えています。
IMG_1134

加工は、ほとんどの場合熱加工で行います。削りは調整等必要な時以外は行っておりません。なぜなら、近年ブーツの加工(射出成型)技術も向上してシェル自体が薄く作られていますので、シェルの肉厚では十分なスペースの確保を行うことができないからです。

選手用ブーツのように十分な肉厚が確保されている場合でもベースになる加工は熱加工(調整は削りで)で行っております。

そして、全ての工程が終了した時点で前傾、カント等のバランス等の最終チェックを行います。
ブーツチューンの種類と価格(2019年4月1日より改正)

・ノーマルチューン(快適なスキーを行うためのチューン)

対象;ブーツはマテリアルの中で最も重要なものです。
ブーツは既製品であり、ピッタリ合うなってことは無いに等しいことを頭に入れてください。
ブーツに対して足のセンターと合わせたり、細部に対してこだわりを持ったチューンです。
内容; 足部のボリューム・形状に合わせた木型でシェル加工を行い、足とのセンタリングも行います。

料金;30,000円 (消費税、インソール代金は含まれていません。)

・スペシャルチューン(選手対応)

対象;選手対応とさせて頂きます。
内容;斜面を滑り降りるスキーの環境は日常的な平面とは異なっています。
スキーブーツは滑るシチュエーションを考慮した設計になっておりますが、個々に合わせた設計になってはいません。
ノーマルチューンで行なったブーツを更にお客様に合わせる(スキーのシチュエーションに合った)作業を行います。

料金;50,000円 (消費税、インソール代金は含まれていません。)
※ ブーツによってはお受けできない場合があります。

<カスタムインソール込みのトータルプラン>

・一般的なコース>>>70,000円

・一般の方のスペシャルチューンコース>>>90,000円

内容;スキー用インソール+スペシャルチューン

・選手コース>>>70,000円(税別)対象;NT、県強化、高校・大学クラブetc

内容;スキー用インソール+スペシャルチューン

・ブーツお買いあげいただいたお客様(ノーマルチューン)>>63,000円(税別)

内容;スキー用インソール+ノーマルチューン

※料金は、予告なく変更するときがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。